人気のiPhoneが水没!データ復元方法

iPhoneが水没してデータがなくなってしまった。データの復元方法とは? - 水没させたiPhoneのデータを復元する方法・iTunes

水没させたiPhoneのデータを復元する方法・iTunes

iPhone水没とデータの関係は非常にデリケートなものであり、水没していた時間やどの程度のダメージを受けているのか等によっては、データを救出する事が出来ない事も多いと言われています。
それでも、データを何とかして救出したい場合には、iTunesを利用してバックアップを取る事が出来る可能性が残っています。
iTunesを利用してiPhone水没時のデータの保護をするにはどうしたら良いのでしょうか。

iTunesでバックアップの手順1

htstre
iPhone本体の水分を出来るだけ丁寧に拭き取り、出来るだけ乾燥させるようにし、2日から3日程乾燥させたら、iPhone本体の動作確認を行う。
「FonePaw iPhoneデータ復元」が起動出来るようであれば、iTunesによるデータの復旧が可能である可能性が高くなると言えるのだ。

iTunesでバックアップの手順2

手順1でiPhoneが何とかなりそうな場合には、適切なバックアップを選択して、iTunesと繋ぎ、スキャン開始をクリックする。

iTunesでバックアップの手順3

スキャンの結果はプレビューで確認する事が出来る。
iPhoneに格納されている各種データの確認が出来たら、復元したいデータにチェックを入れて、復元ボタンをクリックするだけで、操作は完了となるのだ。

iTunesでバックアップが出来たら

適切な名前を付けて、iTunes内に保存する事である。
万一全てのデータを復元出来なかったとしても、電話帳や、メールアドレスやその内容だけでも救出する事が出来れば良しとしておく事が良いだろう。
水没させているのだから、全てのデータが救出出来る可能性は極めて高いとは言えない事を良く理解し、一部でも復元出来たならラッキー!くらいに思っているくらいがちょうど良いと言えるだろう。
もしもiTunesによるデータの復元が不可能な場合には、Appleのサポートや非正規の修理屋さんに依頼してみる事も良いだろう。
iPhone水没時には、ほとんどの人が冷静さを失い、何とかして救出を試みると思いますが、一応の応急処置を施した後に、しっかりと確認しておく事があります。
応急処置でiPhoneが復活した、と言う説も諸説あるようですが、しっかりと確実にiPhoneを救出する為には、やはり、正しい対処法で救出する必要があるのです。

救出法その1

htrsterea
先ず、Applecare+(アップルケアプラス)に加入しているかを確認してみる事である。
確認方法は、Appleに電話をすれば良い。
加入している場合は、捜査上の不慮の事故に対して、最大2回まで修理などのサービスを受ける事が出来るのだ。
ただし有料で、1回につき7800円程の料金がかかる事は覚悟しておいた方が良いだろう。

救出法その2

SOFTBANKのiPhoneなら、安心保証パック(i)に加入しているかを確認する事である。
加入しているなら、保証期間外の故障や水没等の際に支払った修理代の85パーセント程度を月々のiPhone利用料金から割り引いてくれると言うサービスを受ける事が出来る。

救出法その3

iPhone修理専門店に修理を依頼する事である。
救出法その1もその2も、修理に出す事には変わりは無いのだが、修理費用を軽減する事が出来る特典が付いている。
しかしその3では修理に対する保証と言うのは無い事が多く、修理代金はiPhoneの機種によって大きく変動する事もあるのだ。
1番修理代がかかると言う事になるのだが、しかし、確実にiPhone水没時の状態から救出する事が出来る為、修理に出すなら専門店に依頼すると良いのかもしれない。
修理専門店に修理を依頼する時には、出来るだけ水没時から早く、早急に依頼する事がポイントになる。
手遅れになる前に、大切なiPhoneをしっかり見てもらい、修理してもらえるのはやはり修理専門店なのだろう。
■iPhoneが水没してしまったら?
iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」
iPhone水没しても復活できます!

Copyright(C)2015 人気のiPhoneが水没!データ復元方法 All Rights Reserved.