アタラックスにはどのような作用があるのか

アタラックスには具体的にどのような作用や副作用があるのか? - アタラックスにはどのような作用があるのか

新着情報

◆2016/11/25
アタラックスにはどのような作用があるのかの情報を更新しました。
◆2016/11/25
会社概要を新規投稿しました。
◆2016/11/25
アタラックスの鎮静・催眠作用の情報を更新しました。
◆2016/11/25
アタラックスの抗ヒスタミン作用についての情報を更新しました。
◆2016/11/25
アタラックスの作用と注意点を新規投稿しました。

アタラックスにはどのような作用があるのか

trshs
アタラックスは、抗ヒスタミン薬としても有名な物で非常に日本でも長く使われている薬なんですね。
アレルギー症状の改善や、精神安定などの効果があるなど多岐にわたって様々な症状の改善に使う事が出来るという物なのですがどのような作用をするのかを紹介していきましょう。

アタラックスの作用について

アタラックスが、どのような作用をしてアレルギー症状や精神安定などの効果を現すのかという事なのですが、アタラックスは抗ヒスタミン薬という分類の薬だから、その作用も抗ヒスタミン作用によって起こる物なのですね。
この、抗ヒスタミン作用という物なのですがどんなものなのかということなのですが、ヒスタミンのはたらきをブロックするというような作用になっているんですね。
ヒスタミンの働きをブロックすることによって、アレルギー症状を抑制したり、中枢神経を抑制する事で鎮静や催眠作用をもたらすというような作用になっているんですね。
その結果、不眠や不安、不穏と言ったような症状に対しても効果を発揮する物となっているのです。
ヒスタミン、というのはアレルギーを誘発するような原因物質になっている物の一つなのですが、そのヒスタミンの働きをブロックすることによってアレルギー症状を改善してくれるという効果があるんですね。
アタラックスを始めとした、アレルギー症状の改善をするような薬というのはまさにこのヒスタミンをブロックする、抗ヒスタミン作用という物を狙っている薬となっているのです。
アタラックスは、そういった抗ヒスタミン作用をもたらす抗ヒスタミン薬の中でも第一世代と呼ばれる一番古い歴史を持っている薬というのが特徴的なのです。

抗ヒスタミン薬の歴史

アタラックスは、抗ヒスタミン薬の中でも古い第一世代という物に分類されているんですね。
それに対して、新しい第2世代の抗ヒスタミン薬と言うものがあるのですが具体的にどういう作用の違いがあるのかということなのですが主な違いは何と言っても副作用の現れ方ですね。
アタラックスが分類される第一世代の抗ヒスタミン薬というのは非常に高い効果を持っているのですがその反面、眠気といった副作用が多く現れる事が特徴的です。
逆に、第2世代の新しい抗ヒスタミン薬というのは効果も非常にしっかりしているのですが、副作用も少なくなっているというような改善されているところが特徴的なのです。
この大きな違いは、第一世代のアタラックスなどは脂溶性というものになっており、その分脳に成分が移行しやすくその分副作用が現れやすいという物なんですね。
また、第2世代はヒスタミンに対して集中的に作用するというような構造になっているからこそ、作用する部分が少ないので副作用が低下する用になっているんですね。
しかし、その分アタラックスは睡眠導入的な使われ方を併用する場合などは第2世代の抗ヒスタミン薬よりも優れていますので、そういう意味で選んで使うというケースもあるんですね。

アタラックスの選択

アタラックスは、基本的には第2世代の抗ヒスタミン薬を処方したけど症状が改善されなかったり、第2世代の抗ヒスタミン薬を使う事ができない場合などに、次の選択肢として用いられる事が多いような抗ヒスタミン薬なんです。
なので、アタラックスは言ってみれば第二の選択肢として残されているような使われ方をするのが一般的になってきているのです。
古い薬ではありますが、それでもまだ活躍の場があります。