アタラックスにはどのような作用があるのか

アタラックスには具体的にどのような作用や副作用があるのか? - アタラックスの制吐作用と鎮痛作用

アタラックスの制吐作用と鎮痛作用

アタラックスの抗ヒスタミン作用、というのは様々な影響や体、精神への作用を与える物なんですね。
アタラックスは、具体的にはどんな作用を与える物なのかどんな作用があるのかということについてをより詳細に解説していきましょう。

アタラックスの制吐作用と鎮痛作用について

アタラックスの抗ヒスタミン作用には、実は制吐作用という吐き気を抑制するような作用や痛みを抑える鎮痛作用などが報告されているのですね。
抗ヒスタミン作用の中でも、鎮静催眠作用やアレルギー症状の改善などと違って、まだそういった作用の機序自体がまだ明らかにはなっていないのですが、確からしい報告数がありますのでアタラックスの作用の一つとして数えてもいいものだと言えるのです。

どんなメカニズムが予想されるか

アタラックスの、制吐作用や鎮痛作用というのは機序が解明されているわけではないのですが、おそらく抗コリン作用というようなアセチルコリンをブロックする作用によって起こるものではないか、というのが今考えられているんですね。
アタラックスのような、第一世代の抗ヒスタミン薬には殆ど抗コリン作用という物が副作用として起こる物なのですが、ヒスタミンの受容体とアセチルコリンの受容体が実は構造が似ているのでどちらもブロックしてしまうような作用が起こる、というメカニズムになっているんですね。

アタラックス独特の作用

アタラックス、というのはまだまだ古い時代に作られた抗ヒスタミン薬なので、第2世代の抗ヒスタミン薬に比べるとやや作りが粗いんですね。
なので、ヒスタミンだけでなく構造が似ているアセチルコリン受容体にまで作用してしまいまうのでこのような作用が起こるのです。

関連する記事