アタラックスにはどのような作用があるのか

アタラックスには具体的にどのような作用や副作用があるのか? - アタラックスの作用について

アタラックスの作用について

抗ヒスタミン薬の第一世代に分類される、アタラックスという薬は抗ヒスタミン作用があることで、アレルギー症状の改善などにも用いられています。
しかし、それ以外にも様々な作用がありますのでそれについてを紹介していきましょう。

抗ヒスタミン作用の起こす効果について

ヒスタミン、というのはアレルギー症状を引き起こすだけのものではないんですね。
ヒスタミンには、実は覚醒作用があるんですね。
ヒスタミンが作用する事で中枢神経を覚醒させる働きがありますので、ヒスタミンをブロックするとその逆に中枢神経が抑制されることによって覚醒作用の反対、すなわち鎮静作用や催眠作用が起こるんです。
なので、気持ちが落ち着いて穏やかになったり眠くなったりするという作用があるんですね。
なので、実は睡眠改善薬や睡眠導入剤には抗ヒスタミン薬が入っていることもあるんです。

アタラックスの抗ヒスタミン作用

アタラックスは、特に抗ヒスタミン作用が非常に強力に起こる薬となっていますので鎮静効果や催眠作用も非常に優れているものなんですね。
それは、効能としても作用するのでリラックスして深い睡眠状態に誘導する事もできるのですが、逆に副作用としても眠気として作用シてしまう場合もあるんですね。
なので、その作用はメリットにもデメリットにもなるというkとおなんですね。

作用のメリットとデメリット

中枢神経の抑制、というのはメリットを考えれば先程もいったとおり鎮静や催眠作用を発揮しますのでよく眠りにつくことが出来るし、不眠、不安、不穏の解消になります。
しかし、デメリットは常時眠くなってしまいますので日常生活や日中などに活動に支障が出てしまうということもあるんですね。

関連する記事