アタラックスにはどのような作用があるのか

アタラックスには具体的にどのような作用や副作用があるのか? - アタラックスの鎮静・催眠作用

アタラックスの鎮静・催眠作用

アタラックスは、抗ヒスタミン薬に数える事が出来る物なのですがその抗ヒスタミン薬には様々な作用があるんですね。
抗ヒスタミン薬の中でも、アタラックスのメイン作用の一つである鎮静や催眠作用の影響についてを解説していきましょう。

アタラックスの鎮静催眠作用

アタラックスは、アレルギーの症状改善に使うような抗ヒスタミン作用以外にも鎮静、催眠作用があるんですね。
アタラックスの抗ヒスタミン作用の一つなのですがヒスタミンをブロックすることによって、脳の中枢神経を抑制する効果があるんですね。
これにより、鎮静・催眠作用を発揮してくれるのですがヒスタミンをブロックする事によって脳が覚醒しにくくなって静穏状態になったりしてリラックスする事が出来るんですね。
その代わり、眠くなったりぼーっとするような状態になるということもあります。

不眠を解消する抗ヒスタミン作用

抗ヒスタミン作用による、鎮静催眠作用は不眠症などに悩まされている人の症状改善を狙ってアタラックスを処方する事があるんですね。
他にも、緊張してしまったり不安症などが強い場合も精神状態をリラックスさせる事で気持ちを落ち着けさせるというような効果があるんです。
アタラックスは、こういった精神安定させるような作用を期待することも出来るのでこういう症状に用いられるんですね。

抗ヒスタミンの作用の耐性

抗ヒスタミン作用による催眠作用というのは、実は耐性があるんですね。
なので、継続的に使い続けるとどうしても催眠作用が弱くなってしまいますので最初から用いるというようなことは少なくなって来ているんです。
緊張や不安の改善も、やはり抗不安薬や抗うつ剤などが発売されてきているので副作用の多いアタラックスが少なくなってきています。

関連する記事