アタラックスにはどのような作用があるのか

アタラックスには具体的にどのような作用や副作用があるのか? - アタラックスの抗ヒスタミン作用について

アタラックスの抗ヒスタミン作用について

アタラックスは、第一世代抗ヒスタミン薬という風に分類される薬ではあるのですがその抗ヒスタミン薬という分類には抗ヒスタミン作用と呼ばれるような作用があるんですね。
この、抗ヒスタミン作用というのはどんな作用をする物なのかということを詳細に解説していきましょう。

抗ヒスタミン作用とは

ヒスタミン、というのはアレルギー症状を起こす原因物質の一つで体内で生成されるものなんですね。
アレルゲンの中でも、アレルギー反応性細胞という物からアレルギー誘発物質、これがヒスタミンなのですがこれを分泌するものなのです。
これが受容体に結合することによって、アレルギー症状が発祥するのですがこれを阻害することを抗ヒスタミン作用、という風に呼ぶんですね。

抗ヒスタミン作用のメカニズム

アレルギー反応性細胞というのは、ヒスタミン以外にもアレルギー誘発物質が分泌されるのですが、これを総称してケミカルメディエーターと呼ぶんですね。
ヒスタミン、というのはこのケミカルメディエーターの一つに数えられる物なのですが、抗ヒスタミン作用はこういった物を分泌や結合などを阻害する事でアレルギー症状が発生しないようにしてくれるものなのですね。
アタラックスは、正にこのヒスタミン結合をブロックする物になっているんです。

アタラックスの主成分の作用

アタラックスの主成分は、ヒドロキシジンという成分なのですがこれは体内で代謝する事によってセチリジンという物質に変わるんですね。
この、セチリジンは抗ヒスタミン薬の主成分になっているのですが、こういった物の作用によってアタラックスはアレルギー症状を和らげてくれる効果がありますので、アレルギーに悩む人におすすめですね。

関連する記事