アタラックスにはどのような作用があるのか

アタラックスには具体的にどのような作用や副作用があるのか? - アタラックスの作用と注意点

アタラックスの作用と注意点

アタラックスは、歴史が長く非常に古い抗ヒスタミン薬として使われ続けている物なんですね。
その作用は、アレルギー症状の改善や精神安定などの効果があるということもあるのですが、他にも別の作用もいくつかありますので紹介して行きましょう。

アタラックスの作用について

アタラックスは、中枢神経などの抑制するような抗ヒスタミン効果が代表的な作用なんですね。
しかし、それ以外にもアタラックスを服用することによって吐き気や痛みなどを和らげてくれる、というような作用も報告されているんですね。
こちらは、まだ作用機序が不明になっているのですが一部ではなくある程度報告数がありますので非常にこちらも期待する事が出来るような作用の一つに数えてもいいでしょう。

アタラックス副作用の注意点について

アタラックスの副作用の中でも一番出やすいのが眠気ですね。
また、アタラックスは抗ヒスタミン薬の中で古い第一世代に分類されるものなんです。
それの特徴に、アセチルコリンという物質をヒスタミンと一緒に阻害してしまう作用があるのですが、これを抗コリン作用という風に呼ぶのですが口渇、便秘、尿閉、というような症状が出てしまい副作用としても非常に注意が必要な物なんですね。

アタラックスの副作用に気をつけよう

こういった副作用の注意点、というのは単純に副作用としても気をつけなくてはいけないことなのですが、これは抗ヒスタミン作用はもちろんなのですが、抗うつ剤などにもたまに見られる副作用なんですね。
だから、抗ヒスタミン薬と抗うつ剤を併用する場合には副作用が二重にかかってしまうと危険になってしまうこともありますので、併用禁忌薬に設定されていることもあるので注意が必要です。

関連する記事